百人一首関連コレクション

[百人一首 関連コレクション ]

茶器揃 (百人一首の刻字)茶器3点セット

1 秋の田のかりほの庵の苫をあらみ わが衣手は露にぬれつつ
4 田子の浦にうちいでて見れば白妙の 富士の高嶺に雪は降りつつ
5 奥山にもみぢふみわけなく鹿の 声聞くときぞ秋はかなしき
7 天の原ふりさけ見れば春日なる 三笠の山にいでし月かも
10 これやこの行くも帰るもわかれては 知るも知らぬもあふ坂の関
12 天つ風雲のかやひ路吹きとぢよ をとめの姿しばしとどめむ
14 みちのくのしのぶもぢずり誰ゆゑに 乱れそめにしわれならなくに
15 君がため春の野にいでて若菜つむ わが衣手に雪はふりつつ
17 ちはやぶる神代もきかず竜田川 からくれなゐに水くくるとは
26 小倉山峰のもみぢば心あらば いまひとたびのみゆき待たなむ
33 ひさかたの光のどけき春の日に しづ心なく花のちるらむ
35 人はいさ心もしらずふるさとは 花ぞ昔の香ににほひける
50 君がため惜しからざりしいのちさへ 長くもがなと思ひけるかな
69 あらしふくみ室の山のもみぢばは 竜田の川の錦なりけり
70 さびしさに宿をたちいでてながむれば いづこもおなじ秋の夕くれ
73 高砂のをのへの桜咲きにけり 外山のかすみたたずもあらなむ
81 ほととぎす鳴きつる方をながむれば ただありあけの月ぞ残れる
98 風そよぐならの小川の夕暮れは みそぎぞ夏のしるしなりける
100 ももしきやふるき軒ばのしのぶにも なほあまりある昔なりけり

急須

百人一首記載 抹茶茶碗  8 個

  1 九谷焼 (二代目 岳陽作) 表 金色の中に百人の顔のイラスト描かれている
                   内面 百首の歌&作者名が記載されている

  2 九谷焼 (光甫作)   白地茶碗 (内面に四首記載)
                         外面に三条院の歌と細文字など記載

  3 常滑焼 (玲光窯)   表 周囲に青い色帯状の中に百首の歌&作者名が
                    白い文字で記載されている (内外共真っ黒色)

  4 清水焼? (かるた絵柄)8枚が茶碗の内外に6枚と2枚づつ画かれている
           全体がクリーム色で明るいイメージの茶碗である
        小野小町・山辺赤人・僧正遍昭・在原業平・文屋康秀(上句と下句)2枚
         内面は伊勢・小町の下句       

  5 清水焼?  (かるた絵柄)で全体がクリーム色で明るいイメージの茶碗である             外側に在原業平・小野小町・僧正遍昭の3人

  6 清水焼?  (かるた絵柄)で全体がクリーム色で明るいイメージの茶碗である
             外側に喜撰法師・伊勢・小野小町(下句のみ)

  7 清水焼?  (かるた絵柄)で全体がクリーム色で明るいイメージの茶碗である
             外側に山辺赤人・文屋康秀(上句と下句1枚づつ)

  8         茶碗の色が薄ネズミ色で小さなきれいな花模様があり
             前中納言許[の歌と満開の桜の木の柄が画かれている
             (高砂の尾上の桜咲きにけり 外山のかすみ立たずもありなむ) 

百人一首 拓本  60枚 (内掛け軸 30本 屏風 1双 額&パネル 残り分)

百人一首 色紙画帳 上下弐冊 (壱番〜百番迄)

かるた各種  1 木箱入 変体かな書き かるた(読み札・取札共)
          
         2 高校教材用(テープ付) 活字体かるた

         3 活字体 中古かるた

         4 積み木状 板かるた(取札変体かな書)
           読み札(紙製で活字体)


水冷まし

2 春過ぎて夏来にけらし白妙の 衣ほすてふ天の香具山
9 花の色はうつりにけりないたづらに わが身よにふるながめせしまに
19 難波潟みじかき芦のふしのまも あはでこの世をすぐしてよとや
38 忘らるる身をば思はずちかひてし 人のいのちの惜しくもあるかな
53 なげきつつひとりぬる夜の明くる間は いかに久しきものとかはしる
54 忘れじのゆくすゑまではかたければ 今日をかぎりのいのちともがな

湯のみ

56 あらざらむこの世のほかの思い出に いまひとたびのあふこともがな
57 めぐりあひて見しやそれともわかぬまに 雲がくれにし夜半の月かな
58 有馬山ゐなの笹原風吹けば いでそよ人を忘れやはする
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
59 やすらはで寝なましものをさ夜ふけて かたぶくまでの月をみしかな
60 大江山いく野の道の遠ければ まだふみも見ず天の橋立
61 いにしへの奈良の都の八重桜 けふ九重ににほひぬるかな
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
62 夜をこめて鳥のそらねははかるとも 世に逢坂の関はゆるさじ
65 恨みわびほさぬ袖だにあるものを 恋にくちなむ名こそをしけれ
67 春の夜のゆめばかりなる手枕に かひなくたたむ名こそをしけれ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
72 音に聞く高師の浜のあだ波は かけじや袖のぬれもこそすれ
80 長からむ心もしらず黒髪の 乱れてけさは物をこそ思へ
88 難波江の芦のかりねのひとよゆゑ みをつくしてや恋ひわたるべき
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
89 玉の緒よたえなばたえねながらへば 忍ぶることの弱りもぞする
90 見せばやな雄島の海女の袖だにも 濡れにぞぬれし色はかはらず

急須・茶注

 

@ 初代 山田常山作  朱泥急須 (常滑焼)
    朱泥後手急須 秋華小倉百人一首彫
    変体かな文字の細字にて百人一首を全百首刻字
        高サ 8.3cm    口径 9.0cm

A  水上暁山造 朱泥茶注 小久羅百人一首(常滑焼)
     変体かな文字の細字にて百首全部刻字
       昭和37年初冬 暁山刀

B  水上暁山造  朱泥茶注 小久羅百人一首(常滑焼)
      変体かな文字の細字にて百首全部刻字
        昭和39年 秋 暁山刀


C  高資作 朱泥急須 細字百人一首(常滑焼)
      変体かな文字の細字にて百首全部刻字
        30号なつめ形  高さ 10cm 直径 10cm   
            吉川和行山人刀 頼風堂

   
D  高資作 朱泥急須 細字百人一首(常滑焼)
      変体かな文字の細字にて百首全部刻字
        20号桶形   高さ 8,5cm 口径 9cm
          吉川和行山人刀  頼風堂


E  雪堂作 朱泥急須  細字百人一首(常滑焼)
       変体かな文字の細字にて百首全部刻字
         50号 ジャンボ急須(底にキレ目ある)
              高さ 15cm 直径 18cm


F    朱泥 扁平形急須 (常滑焼) 以前豊田会場に出品分
       変体かな文字の細字にて4首全部刻字
      (山辺赤人・猿丸太夫・大伴家持・阿倍仲麻呂)


G   大型 朱泥急須  (常滑焼)
        変体かなにて山辺赤人の歌 一首刻字
       田子の浦に打出て見ればしろたへのふじの高ねに雪はふりつヽ
           高さ 7.5cm  口径 9cm


H    朱泥急須  変体かなにて 3首記載 (常滑焼)
       
       ★ 天の原ふりさけ見れは春日なる三笠の山に出し月かも
       ★ 花の色は移りにけりな徒に我身世にふるながめせしまに
       ★ 人はいさ心もしらずふるさとは花ぞ昔の香に匂いける


I    朱泥急須?さげ手付 (常滑焼) 以前豊田会場に出品分
         変体かなにて安倍仲麻呂の歌一首& 松の絵 
       ★ 天の原ふりさけ見れば春日なる三笠の山に出し月かも
  

J     朱泥急須  (常滑焼 桑山さわえ作)  
         
          変体かなの読み札を見て素人が真似した刻字
           ★ 伊勢大輔 ・宝性寺入道前関白太政大臣の二首の由    

 K    緑泥急須  (常滑焼?)
          伊勢大輔の歌一首 行書体で刻字 花びらの模様入り
        ★ 古の奈良の都の八重さくら今日九重に匂いぬるかな

 L    黒泥 茶注   壺堂作 (常滑焼)
         本体と蓋にかけて丸くねずみ色の彩色 小町像の絵
         脇に赤い線で小ぶり円があり 中に行書体で小町の歌一首
        ★ 花の色は移りにけりな徒に我が身世にるながめせしまに    

   


    湯飲み茶碗

   ◎ 九谷焼 蓋付夫婦茶碗
         蓋・湯のみ共表面は金色地・彩色人物のイラストいり
             内側は百人一首が百首全部を記載されている 

   ◎  常滑焼 朱泥筒型 2 個     喜撰法師の歌を変体かな書
         我が庵は都の辰巳しかぞすむ世を宇治山と人はいふなり

   ◎  常滑焼  朱泥湯のみ  さかづき形   5 客セット
         伊勢大輔 法性寺入道の読み札を真似て刻字した作者
        (桑山さわえ)談によれば 変体かなを知らない素人なので
        似たような形に刻した由に付 大部分は文字でない。

   ◎  茶碗形 白色湯のみ  4 客分  紫式部の歌を大きく記載
        めぐりあいて見しや楚れともわかぬまに
         雲かくれにし よはの月かな  外に扇面図あり





★   朱泥茶壷  蓋付(二重中蓋) 下村暁山作  (常滑焼)
         小久羅百人一首 変体かな 細字にて 百首記載
            大きさ 直径 8.5cm  高さ 9cm


 ★   九谷焼 香炉 光甫作  直径 10cm   高さ 10cm

       中央に大きく 誰をかも知る人にせむ高砂の松もむかしの
                友ならなくに
        横に 松竹梅のイラスト 周囲に読みづらい細字の続け字で
        百人一首の乱れ書きあり 大きめに 百人一首歌と記載あり


                                                                                               ★  手あぶり火鉢   陶山作 (常滑焼)                           変体かなで大きく喜撰法師・小野小町の歌二首が刻字
         外に小町や喜撰法師その他の絵も刻まれている


  ★  六角花形菓子器  八寸大皿
       絵つき読み札タイプ   持統天皇・紫式部・在原業平
       読み札タイプ     天智天皇・小野小町・僧正遍昭


  ★  ジグソーパズル   1 パネル
         変体かなで全百首記載(ふり仮名付)

 
★  掛け軸   1 本   百人一首の内の12首 記載されている
         26 貞信公〜38 中納言兼輔迄

★ 屏風  一 双    小式部内侍の歌の拓本
        大江山 いくのヽ道の 遠ければ まだふみもみ ず 天の橋立


★ 手作り人形   9 体   透明ケース入り 作者別
         僧正遍昭・在原業平・藤原興風・大中臣能宣・藤原実方
          伊勢大輔 ・三条院・ 藤原基俊・ 前大僧正慈円・


 ★ 小形の扇子  (寿恵廣)
        小野小町のさし絵と変体かなにて
          花の色ハ うつりにけりな いたづらに
            わか身世ニふる なかめ せしまに

 ★  のれん    85cm × 80cm  
         小野小町の絵と行書体にて
           花の色ハうつりにけりな いたづらに
             わか身世にふる なかめせし まに 


 ★  テーブルクロス(レース付友禅ハンカチ)   55cm × 55cm
          ひざかけ? カラフルな小町の友禅模様
       からふるな 持統天皇の絵姿と百人一首の歌が行書体 変体かな         記載  紫式部も和泉式部もそれぞれ絵姿と歌が記載された
          ハンカチ 43cm角  あわせて 3枚


         




   ★   おしぼりタオル
          小野小町・姿 刺繍入り  20cm角 1 枚                                                                  
   ★


                                           
      
   
   ★   円形 物入れ かぶせ蓋付    1 個
           全面かるたの絵柄   高さ 15 cm × 直径 18 cm
   
                                           以上
              

    



















    
                                                                 








                  
           

     「ふみの日」 お便りセット(ふみいれ)  2 セット



                



     「ふみの日」  百人一首いり 50円切手・80円切手シート 2

           」            「

5 同上 板かるた (中村 北潮編)

  

九谷焼  急須・蓋付湯飲み茶碗(内面に百首記載)5客セット