12 中納言家持歌碑(新潟県)
歌番号 6 かささぎの渡せる橋におく霜の 白きを見れば夜ぞふけにける
所在地 新潟県十日町市松之山中尾 
    鏡ヶ池畔
建立年月 昭和61年9月1日
揮毫者 田辺誠二(町収入役)
碑の大きさ 140×90cm
碑石 自然石に黒御影石貼付
 メ モ 同一碑に万葉歌二首と共に併記されている
  交通便 上越新幹線、越後湯沢駅下車、タクシー約1時間
地図を表示
  (リンク)
このアイコンをクリックする
(縮尺変更できます)

13 中納言家持歌碑(三重県)
歌番号 6 鵲のわたせるはしにおく霜の しろきをみれば夜ぞ更にける
所在地 三重県松阪市星合町
    かささぎ橋傍
建立年月 明治36年4月
揮毫者 市川進
碑の大きさ 116×60cm
  碑石 「鵲橋の碑」の冒頭の一節
  メ モ 非文学碑
  交通便 近畿日本鉄道、津駅下車、バス小舟江下車
東方へ徒歩15分、小学校の北、約100メートル
地図表示
 (リンク)
このアイコンをクリックする  (縮尺変更できます)
中納言家持「大阪)
トップへ戻る
家持歌碑(三重)拓本
copyright (C) 2003 t-tsuzuki all rights reserved

new (クリックすると拡大します)

new (クリックすると拡大します)

new (クリックすると拡大します)

12,13中納言家持(新潟、三重県